スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

37W1D 準備も大詰め

いよいよ正産期に入りました。
お腹も少し下がってきたように思えます。

ベビーベッドに布団を敷いたり、
入院の荷物をチェックしたりと、
準備も最終段階に入りました。

準備と同時に、夫と一緒に焼肉ランチに行ったり、
桜を観たりと、外出を楽しんでいます。

赤ちゃんは大きくなって、
お腹の外からの刺激がよく伝わるようになったのか、
お腹をなでるとよく動きます(^^)


いよいよ明後日、水曜日には入院し、
木曜日に帝王切開の予定です。

入院は夫の両親に車で連れて行ってもらい、
夫には帝王切開の日と退院の日に休みを取ってもらうことにしました。
退院の日には、実母が田舎から出てくることになっていて、
2週間ほど滞在してもらいます。

少し前まで、帝王切開が怖くてたまりませんでしたが、
今は不思議と落ち着いた気持ちでいます。
また怖くなるかもしれませんが、
このまま穏やかな気持ちで手術に臨めたらと思っています。

入院までにまた更新するかもしれませんが、
落ち着いたころに詳しくレポしようと思います。



にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠後期へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

36W4D 妊婦健診/後期指導/手術説明 その2

その1の続きです。

診察の後は助産師さんから後期指導&入院(手術)の詳しい説明がありました。

◆後期指導の内容
・おしるし、破水、前駆陣痛、陣痛の説明
・予定帝王切開のため、上記のお産の兆候が表れたらすぐに病院に連絡すること
 (逆子のままお産が進行すると危険なため)
・入院のときの注意事項
 (化粧はしてこない、マニキュアは落とす、爪は短くなど)
・新生児は聴覚検査を行う
・面会について
・産後の食事について

◆入院(手術)の説明
・手術は緊急手術が優先になるので、時間がずれることがある
・入院前は、便秘にならないように注意
・手術中は好きな音楽を流せるので、CDなど持ってきて良い
・手術当日は回復室で観察され、翌日に病室に戻る
・持ち物
 (帝王切開用のさらし、キシリトールガム、リップクリーム。
  キシリトールガムは手術後に腸の動きをよくするために噛むそうです)
・入院の流れについて
 
【手術前日】
  14:00- 入院、体温・脈・血圧測定、児心音を聴く
  19:00- 体温・脈・血圧測定、児心音を聴く
  21:00- 禁食
  00:00- OS-1という経口補水500ml以外は飲んではいけない
  他に、術前オリエンテーション、尿量測定、便秘薬服用、
  シャワー浴、ネームバンドの記入、手術部位の除毛、
  体重測定、尿検査など。
  
 【手術当日/術前】
  12:00-13:00 家族来院
  14:00- 手術
  ・指定された時間まで経口補水を飲み、その後禁飲食。
  ・洗面し、術衣に着替える。
  ・血栓予防のストッキングを履く。
  ・点滴を入れる。
  ・体温・脈・血圧測定、児心音を聴く(朝、昼前、手術直前)
  ・手術室で尿の管を入れる

 【手術当日/術後】
  ・手術開始から20~30分で赤ちゃん誕生。
   母親と赤ちゃん対面。だっこはできないけど握手くらいはできる。
  ・赤ちゃんは待合室の家族と対面(2~3分程度)し、保育器の中へ
  ・赤ちゃん誕生後、30~60分で縫合などの処置を行う。
  ・手術は痛みはないが、意識はある。
  ・術後は回復室へ。状態が落ち着くまでモニターで全身を観察。
  ・痛みが強ければ痛み止めを使用。
  ・状態に応じて看護師さんが、うがい、洗面、体拭きをしてくれる。

 【術後1日目】
  11:00- 赤ちゃんと面会し、直母
  14:30-16:00 病室で赤ちゃんと面会
  ・午前中に尿の管を抜き、トイレ歩行。
  ・回診後から状態により水分が摂れ、昼から流動食に。
  ・ベッドで歯磨き/洗面。
  ・看護師とともに体拭き、パジャマ交換。
  ・夕方ストッキングを脱ぐ。
  ・体温、脈、血圧測定。
  ・腸が動く音と聴く。
  ・採血。
  ・痛みが強ければ痛み止めを使用。

 【術後2日目】
  10:30- 授乳指導
  ・授乳指導後、母子同室スタート。
  ・朝食/昼食は五分粥、夕食からは全粥。
  ・自分で体拭き。
  ・体重測定。
  ・点滴はこの日まで。
  ・痛みが強ければ痛み止めを使用。

 【術後3日目】
  ・昼から産後食。おやつも出る。
  ・シャワー浴
  ・回診時、創に貼ってあるテープをはがす。
  ・体温測定。
  ・抗生剤の内服。
  ・痛みが強ければ痛み止めを使用。 

 【術後4日目】
  ・シャワー浴
  ・体温・脈測定。
  ・抗生剤の内服。
  ・痛みが強ければ痛み止めを使用。

 【術後5日目】
  ・シャワー浴
  ・体温・脈測定。
  ・抗生剤の内服。
  ・痛みが強ければ痛み止めを使用。
  ・退院指導。
  ・沐浴DVDを観る。
  ・術後の検査。

 【術後6日目】
  ・シャワー浴
  ・体温・脈測定。
  ・痛みが強ければ痛み止めを使用。
  ・夕食はお祝い膳。
  ・創を金具で止めている場合は、回診時に外して、3Mテープを貼る。
  ・血圧・体重測定。
  ・沐浴指導。
  ・退院診察。

 【術後7日目】
  11:00- 退院
  ・シャワー浴
  ・体温・脈測定。
  ・痛みが強ければ痛み止めを使用。
  ・乳房外来、1か月健診予約。

------------------------------------------------------

手術は怖いけど、赤ちゃんに会えるのはとても楽しみです。
母子同室の日や、お祝い膳を楽しみにがんばろうと思います。
 


にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠後期へ
にほんブログ村

36W4D 妊婦健診/後期指導/手術説明 その1

昨日は最後の(?)妊婦健診でした。
逆子ちゃんは治らず、来週帝王切開なので。
手術の説明があるため、夫に休みを取ってもらい一緒に行ってきました。

浮腫-
尿蛋白±
尿糖3+
ケトン+

尿糖は再び3+。朝食におはぎ食べたからかな…
食事はしっかり摂っているのに、なぜかケトンが+になっていました。
なぜだろう…

体重は妊娠前から+5kgになりました。

赤ちゃんの体重は、2398gでした。
先生によると、赤ちゃんの重さは少し小さ目だけど、
エコーで出る体重は、最低200~300gの誤差があるから気にしないで、とのことでした。

エコーの後は、久しぶりに内診があり、
おりものの検査がありました。

------------------------------------------------

内診のあとは手術の説明がありました。
先週行った術前検査の結果は、問題なしだそうです。

◆先生からの説明
・切る方向は下腹部を横切り
・麻酔は脊椎麻酔
・出血量によっては輸血を行う。止まらなければ子宮を摘出する場合もある
・手術の合併症について
・新生児はしばらく保育器に入る
・新生児は生後3日ごろに、先天性代謝異常等検査を行う

主に合併症などのリスクの話で、ちょっと怖かったです。
私が通っている産院は、近くに同じグループの総合病院があるので、
産科医で手におえない事態になってしまった場合は、
総合病院から医師がかけつけてくれるそうです。
怖いけど、ちょっとは安心かな?

その2に続きます。



にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠後期へ
にほんブログ村

35W6D 入院の準備

今日で妊娠9か月が終わります。

産院からは妊娠35週までに入院準備をするようにと
言われていたのですが、していませんでした…

いい加減、準備しておいた方が良いかと思い、
産院から渡された持ち物リストを見ながら、
8割くらいバッグに詰めました。

帝王切開用の腹帯を入れるときは
ちょっと憂鬱になりましたが、
赤ちゃんの退院用の服やおくるみを入れるときには
テンションアップ♪

帝王切開は怖いけど、
赤ちゃんに可愛い小さなお洋服を着せられるのかと思うと、
がんばろうという気持ちになります(^^)



にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠後期へ
にほんブログ村

35W4D 妊婦健診/糖負荷試験の結果/帝王切開の術前検査

昨日は妊婦健診でした。

浮腫-
尿蛋白-
尿糖+
強アルカリ尿

尿糖が3+から+になっていて安心したのですが、
赤字で「強アルカリ尿」と書かれていました…
待ち時間に検索してみてもイマイチわからず…

体重は妊娠前から+4.3kgになりました。


エコーで診てもらうと、相変わらず逆子ちゃんでした。
先生は、「お尻を押すと回る赤ちゃんもいるんだよね~」と、
はお腹の上から赤ちゃんのお尻を少し押してきましたが、
なんか痛い…
痛いと言うと、「無理か~」とやめてくれました。
外回転術(?)をしようとしていたのかな?

先生は私のお腹を見ながら、
「これは切らなきゃだめかな~」とブツブツ…
なんだか手術がリアルに感じられてちょっと怖くなりました。


エコーによると、赤ちゃんは2,315gになっていました。
逆子なので、実際よりも小さく出ている可能性が高いそうです。
この分だと、帝王切開の日には2,500gを超えてくれるかな?

性別は相変わらずわかりませんでした。

糖負荷試験の結果は問題なしでした。
良かった~(^^)

先生に強アルカリ尿のことを聞いてみましたが、
気にしなくて良いとのことでした。
問題ないならいいか…


帝王切開がほぼ確定したせいか、後期指導はありませんでした。
その代り、帝王切開の術前検査をしました。

検査は、胸のレントゲン、心電図、採血の3つでした。
結果は来週の手術の説明の際に教えてくれるそうです。

いよいよ帝王切開が現実味を帯びてきました。
怖いな~。



にほんブログ村 マタニティーブログ 妊娠後期へ
にほんブログ村
プロフィール

pyoko

Author:pyoko
結婚3年目、35歳兼業主婦です。

結婚半年後(2011年)に初めての妊娠。つわりが酷くて1か月半ほど入院、退院後間もなく感染症にかかり、再入院し、死産。

翌2012年4月に再び妊娠!かと喜んだのもつかの間、出血がひどくなり、化学流産だとわかりました。

落ち込んだり、過去の赤ちゃんのことを思い出して寂しくなることもありますが、可愛い赤ちゃんが来てくれることを信じて3度目のベビ待ち。

現在3度目の妊娠中です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。